マスクのケアについて

マスクの表面:衝突、引っかき傷、汚れとの接触を避けてください。

マスクの表面は有機溶剤やアルコールと接触してはいけません

なるべく被る時もマスクの正面に触らないでください、それはできる限りペイント色をかわることを避けられます。

汚れされた場合:きれいな布を中性の石鹸水と水を付けてマスクを拭いてみて下さい。

または「きれいな」monoスタンダード消しゴムで消去してみてください。

既に傷があるまたはペイントが残っている場合:ボールペンインク用の消しゴムで慎重に磨いてください。(マスク表面は少し削られます)

マスクの表面のペイントは落ちたけど汚れに染みられないならペイントはまだ補完できます。

 

マスク内部:使用後の締め方がポイントです。においを消す前に湿気を消さなければなりません。

マスク使用後内部のスポンジを取り外して、ティッシュと布で内部の湿気を拭いてそのまま風乾でOKです。

なるべく有機溶剤を使用しないでください、中性の石鹸水と水で拭いてはけっこうです。

 

ウィッグケアについて:

収納の際は長い時間の圧迫をしないでください。梳かすときはグルーのある所を避けてください。

ウィッグは高温に耐える繊維で作られますが熱のある処理する前に必ず目の当てないところでテストしてください。

髪型を作る時は「人間の髪用」のヘアスプレー、スタイリング等を使わないでください。

それをウィッグに残したら、ウィッグは劣化しやすくなる、さらにマスクに汚れることです。

ウィッグはプラスチックファイバーで作られたもの、だから美術ようや工芸用グルーで使うのは大丈夫です。(溶剤成分のあるかどうかでも、ウィッグをマスクに被ることをご注意ください、マスク表面に付けないことにご注意ください。)

ウィッグは基本洗う必要はありません。海水に浸さる等の状況があったら、普通の中性石鹸、ボディソープ、洗濯洗剤を使用してください。

長く使うとウィッグがもじゃもじゃになったら上記の処理方法を参照してください、またが地元ウィッグ整理サービスのあるスタジオやキッグとレヤーのなかまにたずねてください。